About 当本部について

本部長挨拶

九州大学は、2021年11月に今後10年間の大学の方向性、方針を示す「Kyushu University VISION 2030」を策定・公表し、目指す姿として「総合知で社会変革を牽引する大学」を掲げ、その実現に向けて社会的課題解決とDX(Digital Transformation)の推進に取り組み、社会変革に貢献することを宣言しています。
基幹総合大学である九州大学は、自然科学から人文社会科学に至る広範な学問分野とともに、新しい社会の仕組みをデザイン・提案する「芸術工学分野」を国内総合大学で唯一有しています。この他大学には無い新たな社会的価値を生み出す特色ある基盤を生かして、社会的課題の解決に必要な総合知を生み出し、社会変革に貢献することを目標に、「未来社会デザイン統括本部」を2022年4月に設置しました。
今世界には、気候変動や生物多様性の損失、貧困や格差、紛争や人権侵害など、複雑で困難な社会的課題が溢れており、2015年の国連サミットでは17の国際目標(SDGs)が採択され、世界各国の政府や自治体、民間企業等が目標達成に向けた取組を展開しています。また、このような状況に加え、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、全世界の社会・経済が大きな影響を受け、社会・経済システムの変革と再構築が強く求められている中、多様な「知」と「人材」が集まる大学には、新たな価値創造の基盤となる先端研究とイノベーシヨンの創出を牽引することが期待されています。
新たに設置した「未来社会デザイン統括本部」を中心に、自然科学と人文社会科学、さらにはデザインなど多様な研究領域の知を集結して、先ずは「脱炭素」「医療・健康」「環境・食料」の社会的課題を中心に、その解決に必要な「理想とする未来社会」と「未来社会に至るプロセス」をデザインし、様々な研究成果を組み合わせて社会に展開・実装することで、多様化・複雑化する社会的課題の解決に貢献してまいります。

九州大学総長
石橋 達朗
副本部長
荒殿 誠
理事・副学長、プロボスト
ディレクター
亀井 信一
客員教授

組織図

本部内には、設定した3つのエントリポイント毎のユニットおよび理想とする未来社会をデザインするシンクタンクユニットを設け、各ユニットは既存の研究者群や学内研究・教育組織、データ駆動イノベーション推進本部と協働して、ユニット内に人文社会科学系と自然科学系等を融合するプロジェクトやグループを形成しながら取り組んでいきます。

組織図

本部の概要

MISSION

自然科学系と人文社会科学系にデザインを加えた九州大学の総合知で、理想とする未来社会をデザインし、バックキャストによる課題解決に取り組みます。

シンクタンクユニットにより、理想とする未来社会をデザインし、3つのエントリポイントをはじめとする様々な社会的課題の解決に向けたプロセスをデザインします。
3つのエントリポイントにかかる研究分野における研究および教育環境を充実させます。
研究者グループを可視化させ、研究者間の連携を促進させます。
研究者間の学際的な連携を促進させるための共創の場を形成します。
産学官での協働に向けて、未来共創パートナーをステークホルダーから選定し連携します。

社会的課題の中で先導して取り組むべき3つのエントリポイントを設定

九州大学が推進する社会変革の全体像

未来共創パートナー

社会的課題の解決に貢献するためには、地域住民、企業等の様々なステークホルダーを幅広く巻き込んだ活動とすることが重要です。そのため、市民・行政・企業・アカデミアの有識者や、国への政策提言や政策実行等に関する有識者、地域連携プラットフォーム参画団体の関係者等から未来共創パートナーを選定し、多様なステークホルダー等から意見等を聴取する機会を設け、大学として組織的に取り組む社会的課題の取組等へ反映させます。

構成員(準備中)